小学校低学年

小学1年生

 小学1年生のポイント

まだ遊びと勉強の区別がないため、正しく楽しい家庭学習の習慣を作ることができます。スピード学習や繰り返し暗記学習は短期間で点数がアップするものの、『考えない習慣』を身に付けてしまう可能性がありとても危険です。『10になる数の組合せ』『ひらがな・カタカナ』程度にとどめておきましょう。

学年ごとのカリキュラムは上記の通りです。学校の新しい評価基準(行動力+学力+思考力=人間力)に完全対応した複合カリキュラムとしてご提案しております。単科での受講はお受けしておりません。

 

 小学1年生の受講科目

視考力ゼミ

算数の文章問題をお絵描きで考えます。言葉をイメージ化する練習を繰り返し、『9歳の壁 ※1 』を越えるために必要な考える力を効果的に育てます。『目で考える習慣』『深く考える習慣』『楽しく考える習慣』が身に付きます。

定期学習相談

入会時の他に、年に数回の保護者面談(希望制)を実施致します。また視孝力ゼミでは毎回、お子様一人ひとりに様々なお声がけをさせて頂きます。対面ではないオンライン授業だからこそ、コミュニケーションによる相互理解を大切にしております。

授業料

入会金 20,000円(税込22,000円)
※入会時のみ。二人目以降のご兄弟は無料。
年間教材利用料 4,500円(税込4,950円)
※入会時、または各年度はじめ。
月謝 視孝力ゼミ(週1回50分)+定期学習相談
=月額6,800円(税込7,480円)

 

※1 9歳くらいまでは具体的思考※2しか出来ないのですが、それまでに考える力を十分に育てていると、9歳から10歳にかけて、大人のように抽象的思考※3が出来るようになります。この越えなければならない壁を『9歳の壁』と言います。小学4年生以降の学習は、この抽象的な思考が前提になっているため、『9歳の壁』が越えられないお子様は、その後あらゆる教科で遅れが目立つようになってきます。
※2 具体的思考とは狭く分割した範囲で考えること。
※3 抽象的思考とは広く柔軟に考えること。

 

小学2年生

 小学2年生のポイント

小学2年生になると、遊びと勉強の区別がされ始めますので、この時期までに正しい家庭学習の習慣を身に付けておかないと後々大変です。しかしながら決して結果を急いではいけません。スピード学習やパターン学習は、点数こそ上がりますが、同時に『考えない習慣』が身に付いてしまう可能性があり、とても危険です。『10になる数の組合せ』『かけざん九九』程度にとどめておきましょう。

学年ごとのカリキュラムは上記の通りです。学校の新しい評価基準(行動力+学力+思考力=人間力)に完全対応した複合カリキュラムとしてご提案しております。単科での受講はお受けしておりません。

 

 小学2年生の受講科目

視考力ゼミ

算数の文章問題をお絵描きで考えます。言葉をイメージ化する練習を繰り返し、『9歳の壁 ※1 』を越えるために必要な考える力を効果的に育てます。『目で考える習慣』『深く考える習慣』『楽しく考える習慣』が身に付きます。

定期学習相談

入会時の他に、年に数回の保護者面談(希望制)を実施致します。また視孝力ゼミでは毎回、お子様一人ひとりに様々なお声がけをさせて頂きます。対面ではないオンライン授業だからこそ、コミュニケーションによる相互理解を大切にしております。

授業料

入会金 20,000円(税込22,000円)
※入会時のみ。二人目以降のご兄弟は無料。
年間教材利用料 4,500円(税込4,950円)
※入会時、または各年度はじめ。
月謝 視孝力ゼミ(週1回50分)+定期学習相談
=月額6,800円(税込7,480円)

 

※1 9歳くらいまでは具体的思考※2しか出来ないのですが、それまでに考える力を十分に育てていると、9歳から10歳にかけて、大人のように抽象的思考※3が出来るようになります。この越えなければならない壁を『9歳の壁』と言います。小学4年生以降の学習は、この抽象的な思考が前提になっているため、『9歳の壁』が越えられないお子様は、その後あらゆる教科で遅れが目立つようになってきます。
※2 具体的思考とは狭く分割した範囲で考えること。
※3 抽象的思考とは広く柔軟に考えること。

 

小学3年生

 小学3年生のポイント

少しずつ学習の内容が難しくなり、学校のペースも上がってくるので、家庭学習の習慣が身に付いていないと、いつの間にか置いていかれることになります。しかもテストの点数には表れにくいので注意が必要です。スピード学習やパターン暗記学習は点数こそ上がりますが、同時に『考えない習慣』が身に付いてしまう可能性があり危険です。『9歳の壁※1』は目前ですので、考える力の育成に集中しましょう。

学年ごとのカリキュラムは上記の通りです。学校の新しい評価基準(行動力+学力+思考力=人間力)に完全対応した複合カリキュラムとしてご提案しております。単科での受講はお受けしておりません。

 

 小学3年生の受講科目

視考力ゼミ

算数の文章問題をお絵描きで考えます。言葉をイメージ化する練習を繰り返し、『9歳の壁 ※1 』を越えるために必要な考える力を効果的に育てます。『目で考える習慣』『深く考える習慣』『楽しく考える習慣』が身に付きます。

定期学習相談

入会時の他に、年に数回の保護者面談(希望制)を実施致します。また視孝力ゼミでは毎回、お子様一人ひとりに様々なお声がけをさせて頂きます。対面ではないオンライン授業だからこそ、コミュニケーションによる相互理解を大切にしております。

授業料

入会金 20,000円(税込22,000円)
※入会時のみ。二人目以降のご兄弟は無料。
年間教材利用料 4,500円(税込4,950円)
※入会時、または各年度はじめ。
月謝 視孝力ゼミ(週1回50分)+定期学習相談
=月額6,800円(税込7,480円)

 

※1 9歳くらいまでは具体的思考※2しか出来ないのですが、それまでに考える力を十分に育てていると、9歳から10歳にかけて、大人のように抽象的思考※3が出来るようになります。この越えなければならない壁を『9歳の壁』と言います。小学4年生以降の学習は、この抽象的な思考が前提になっているため、『9歳の壁』が越えられないお子様は、その後あらゆる教科で遅れが目立つようになってきます。
※2 具体的思考とは狭く分割した範囲で考えること。
※3 抽象的思考とは広く柔軟に考えること。